通勤の自転車で女霊とぶつかる?

通勤の帰宅時だと思われる映像の一部。 自転車を運転中のまだまだ明るい真っ昼間に、突然、女性の霊が現れるなんて、誰も予測なんか出来ないでしょう・・・。 衝突したと思ったら次の瞬間にはもう居ない。 自転車小屋に仕舞った後に、後ろを振り返ったその瞬間に、顔面が崩れている様な髪がダラリと乱れた女性が恨めしそうに立ってる・・・。 それにしても、自転車に乗る時にヘルメットを被…

続きを読む

出川さんが挑む心霊タクシーがマジで怖い

タクシー内での様子を視ると、出川さんのいなし方が意外と慣れてる感で、たいして怖くもない、バラエティーでありがちな心霊スポットものか・・・と思いきや、進んでいくと、目の前に立ちはだかったトンネルはめちゃくちゃ怖そう・・・。 視ているだけの方からしても、よく入っていけるなぁと思う様なトンネル。 その中でさえも、いつもの滑舌の悪さが顕在なので、一縷の面白さが手伝ってますが、同行して…

続きを読む

軽井沢にある心霊スポットで、ラップ音がきちんと響く

軽井沢といえば有名な別荘地ですし、一大観光スポットですね。 しかし、当然ながら?というべきか、その軽井沢にも心霊スポットはありますね。 軽井沢大橋というのが、その一つ。 そしてまた、その橋を、わざわざ物好きの如くに大の男3人が、霊現象の検証リポートなんぞをドライブ気分でやりに行ってるぞな・・・。 おそらく、色々な意味で後悔するだけでしょうに・・・。 そんなに再生回数稼い…

続きを読む

赤い桟橋の自殺の名所だという由縁を探る

江原啓之氏だから出来た業かもしれません。 桟橋の上には50体ほどもの霊が居たという・・・ そんな異次元的な心霊スポットは、そう安易な霊能者が挑んだらどうなっていたのでしょう・・・。 自身の体に自殺者の霊を憑依させ、霊と対話し、何を訴えてきているのかを探る。 その地が、心霊スポットと化してしまった、次々に自殺者が出てしまう由縁の根源は、その赤い桟橋がかかる村を潰した…

続きを読む

自殺者多発のスポットに江原啓之氏が挑む

赤い桟橋に霊が出る・・・。 超ベタなありがちなシチュエーションですが、そのベタさが逆に怖い。 そもそも、なぜわざわざ、敢えて江原啓之氏がその様なスポットに赴いて霊視鑑定する必要があるのか?よく解らない気がするが・・・。 その場所を、きちんと浄化してあげようという意向でない限り、はじめから出ると判っている、心霊スポットに行って、何の為に?か解らない事をする必要が無い様に思…

続きを読む

怖いだけじゃない、心温まる霊の計らい? 江原啓之氏の心霊写真鑑定

ちょっと懐かしささえ感ずる、江原啓之さんの心霊写真鑑定です。 現在は弁護士の菊間千乃さんがMCをやっているところが妙に懐かしい気がする、鑑定コーナーです。 中には、無闇に怖さを煽るようなばかりの写真ではない、小さな子どもを見守り降りてきている親族霊というのもあります。 しかし、心霊写真というのは、写り込んでいる亡き魂が、供養されて喜んで微笑んでいる様子というのも映し出す…

続きを読む

崖から幽霊が落ちてくる・・・

こんな事が本当に現実にあり得るのだろうか・・・。 崖を、ロッククライミングか何かをしている女性。 しかし、やっている場所が悪かったのか?自殺の名所でもあったのだろうか? 映像を視ていると、崖を登り始めてまだ間もない内だった事かと思われます。 頭上から、バタン!バタン!とスゴイ音を立てて次々に人の形をした影が落ちてくる。 映像を撮っていると思われる人が、「あ!あ~!」…

続きを読む

サバイバルゲーム中のエイリアン?

夜のサバイバルゲーム中にエイリアン出現?・・・。 にわかに信じ難い光景ですが。 こんな生物というか物体というかが、現世のこの世に居るのかどうか?です・・・。 人間に生まれてこられなかった、成長途上のまま再び霊界へ帰らなければならなかった魂が、可視化されたものがたまたま映ってしまったのか? はたまた、見た目が似通っている動物が何らかの理由で殺されて、それが成仏出来ぬままその…

続きを読む

霊の手に、崖に引きずり込まれる

不用意にこんな、自殺の名所になんて行くからこういう目に遭うんでしょう・・・。 或いは、敢えて行きたいわけではなかったのに、呼び寄せられてしまったのか?・・・。 彼女とのデートにこんな崖のある自殺の名所な断崖に行くなんて、趣味が悪すぎるのですが、顔がもぅそっちの世界の方に行っちゃって、青白く虚ろになっているところに、無数の手が襲ってきて海に引き込まれて落とされてしまったという・・・…

続きを読む

姿形が視えなくても怖い・・・ 稲川淳二 迫りくる読経男性の唸り声

富士の樹海になんかロケに行ったら、ほぼ間違いなく何かが起こるに決まっているでしょう・・・。 ましてやロケしているのは稲川淳二さんです。 いやでも引き寄せるでしょう・・・。 同行している女性は、TBSのアナウンサーだった人ですね、覚えていますよ。 読経している様な低い男性の声が少しずつ近づいていくるほどに、降りしきる雨が、徐々に強くなっていくのはなぜなんでしょうねぇ・・・。…

続きを読む