自殺の名所の吊橋で女性リポーターが忽然と姿を消す

吊橋.JPG

視ているだけで恐怖感が湧き出す様な、漆黒の暗闇に出てくる、自殺の名所だという吊橋

心霊DVDを作るために、わざわざそんな、自殺の名所だという吊橋に向かうディレクターらしき男性と女性リポーター。
周辺を支配しているのは視界を奪う真っ暗闇。

なぜわざわざ、いちいちそんな場所に行こうとするのか?と思うのだが時既に遅し、という事態が起きる。

自殺者の霊?だと思しき、髪の長い女性らしき霊をカメラが捉えたその後、女性リポーターが忽然と姿を消す・・・。
履いていた靴だけを残して突然、行方不明に。

呼びかけても誰も居ない。




残された靴は片方が横向きに転がっている。

黙りこくっていた数秒間で、既に憑依され、取り憑かれていたのだろうか・・・。
怖すぎる。






この記事へのコメント