ガードレール下から亡霊の手に引き摺り込まれる

ガードレール.JPG

夜中に男性が二人で人っ気の無い山道を車で進む。

車がハンドルを切る方向とは裏腹に、操縦に逆らって勝手に進む。

制御を失った車はもはや、あの世行き?になる事を誘うかの様に進む。

バコッ!とぶつかった音はしたが、衝撃を与えた様な障害物は無く、車の後ろは凹んでしまっている。

実は、死亡事故が多発しているスポットだったらしい。




そんな場所で、ガードレール下の道端に置いてある供養の花束を、イライラして蹴飛ばしてしまうという暴挙に出た事がバチが当たったのか・・・。

足元を掴まれて引き摺り込まれてしまった男性。
どうやら、後に、助かったらしき・・・という話ですが。







この記事へのコメント