稲川淳二さんが語る怪談 樹海の声

稲川淳二.JPG

怖い話、怪談のスペシャリスト、稲川淳二さんが語る、「樹海の声」です。

やや早口の語り口がまた良いのでしょう。
ちょっと着いていくのが大変な気もしますが、このスピードだから怖いのでしょう。

TV局のスタッフというのは数字を取りたいが為に、安直に、アナウンサーをいっぱい集めて、必要もない樹海なんかで番組を撮ろうとする。

樹海の中には、何のためなのか?の紐がぶら下がって・・・と、聞くからにすぐ分かりそうな怖い状況が視えてくる。

そんな、稲川淳二さんの怖い話、樹海の話です。








  姿形が視えなくても怖い・・・ 稲川淳二 迫りくる読経男性の唸り声

この記事へのコメント